杢目金の歴史

幻の金属加工テクニック

クールジャパンな杢目金

杢目金の歴史

杢目金は、江戸時代から伝わる伝統的な技法です。

400年の歴史を誇る、日本の職人の文化ともいえます。

金属の色の違いを使って、木目のようなパターンを作り出すことに、その美しさがあります。

金属加工の技術はさまざまありますが、日本独自の美的感覚あふれるテクニックです。
鉄刀木という木の木目に、パターンが良く似ていることから、タガヤサン地とも言われています。

杢目金は古くて新しいシックなテクニックとして注目を集めています。

温故知新の新しさを感じさせるデザインです。

現代ではこの美しさから婚約指輪や結婚指輪として人気を集めています。
どんな場面でも美しく映える指輪にうっとりするカップルが多いようです。
きっと、彼女に対する素晴らしいサプライズとなるでしょう。
参考サイト:婚約指輪を渡すときのサプライズ10選

長い歴史は、江戸時代初期までさかのぼります。

出羽秋田住正阿弥伝兵衛という人が最初に生み出した倶利彫りの、つばから始まったといいます。
つばはカタナの柄と刃の部分を分ける目的でつけるもので、丸い板状の形をしています。

江戸時代には、この部分に装飾を施すことが、お侍さんのちょっとしたおしゃれになっていたんですね。
杢目金は、江戸時代カタナのパーツ部分の装飾テクニックとして発展してきたことがわかります。

杢目金はその後、カタナが廃刀令という法律で禁止されてからは、幻の技法として、途絶えて行った不思議なテクニックです。

一部の技術は途絶え、一部では復活しと、独特な進化を経て現在に至っています。


Copyright (C) www.schiff2010.com. All Rights Reserved.

クールジャパンな杢目金